FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中心]铃兰物語(1-5)
2009年09月18日
铃兰物語


1
看到他的时候总会有隐隐的痛从心脏传来,还有甜。
那是血液的甜腥,甜得发苦,甜得刻骨铭心。

我想,他一定是某个对我来说很重要的人。

我会在午夜做梦的时候看到他在花园漫步,穿着纯白色的衬衫,袖口挽起,露出白皙的肌肤,却一点也不耀眼。
我会在睡不着的时候想他,想得只有咬紧牙关,才能承受住那种,心里被掏空一般的失落。
是的,我想他,想一个甚至都不知道名字的人。
事实上,我不记得任何人。
记忆中空洞得没有任何东西,意识中却似乎在等着什么人。

つづきを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。